menu
閉じる
  1. ある程度自己流でケアをしていこう
  2. 各エステの店舗によって大きな差
  3. お店の実際の雰囲気やエステシャン
  4. 旅行業約款の変更補償金を確認
  5. メニュー内容を工夫しながら美味しい料理を提供
  6. キッチンが水回りの中で最も人気のある箇所
  7. 安さを優先するのならばオフシーズン
  8. 海外ツアー検索サイトを比較検討
  9. 店としての性格が違っている
  10. 片付け上手になることが出来る
閉じる
閉じる
  1. 片付け上手になることが出来る
  2. キッチンが水回りの中で最も人気のある箇所
  3. 店としての性格が違っている
  4. 安さを優先するのならばオフシーズン
  5. お店の実際の雰囲気やエステシャン
  6. 各エステの店舗によって大きな差
  7. 趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/06
  8. 趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/10
  9. 趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/12
  10. 趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/23
閉じる

趣味や生活!MAXナビゲーション

趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/23

20-03

健康的な減量には「体操」がかかせない!
というのは解っているんですが、
1日の中で時間を選び出して、
運動することは意外と難しいものです。

でもね、ダイエットの効果が最も出やすい時間帯というのが、
あるみたいなんですよね!

皆さんは、
どんな理由で体操しているのかによって、
効果的な時間帯が変わってくることをご存知ですか?

まず、エネルギーをよりよく消費して、
体脂肪を燃やしたいという方は、
あさや午前中に運動すると良い…と言われています。

あさ、体質が目覚めてすぐの時間帯は
交感神経の働きが活発で、
他の時間帯に同じような運動をするよりも
エネルギーを消費する量が多くなるからなんだそうです。

21時と比べると、
その差はなんと10%ほどにもなるとか!

その証拠に
午前中食からお昼食までの時間が、
13時食から夕食までの時間より短いのは、
午前中のエネルギーの消費量が多いからなんですよね。

エネルギーの消費量が多いと、早くお腹がすきます。

ですから、朝方や午前中にトレーニングすることによって、
交感神経のスイッチを早く入れることができ、
代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい肉体作りをすることができるわけです。

そして、筋力や基礎代謝量を上げたいという方は、
23時の運動がいいそうです。

脂肪も落として筋力もつけたいという方は、
8時と24時に、
10分でもいいのでトレーニングするといいでしょう。

肩こり体操やダンベルなどの本格的な体操じゃなくても、
買い物や家事などで、
からだを動かすだけでも十分効果があるそうですから、
試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 20-03

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/02

  2. 20-05

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/07/29

  3. 20-03

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/09/17

  4. 20-04

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/09/22

  5. 20-02

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:16/10/17

  6. 20-08

    趣味や生活!MAXナビゲーションブログ:17/01/20

おすすめ記事

  1. ある程度自己流でケアをしていこう
  2. 各エステの店舗によって大きな差
  3. お店の実際の雰囲気やエステシャン
  4. 安さを優先するのならばオフシーズン
  5. 海外ツアー検索サイトを比較検討

calendar

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る